映画大好きの平凡なアラフォーWomanによる映画日記。


by lacutie

Memoirs of Geisha

特に説明もいらないくらい、有名な作品じゃないでしょうか?
この映画が撮影される5年以上前からさゆり役オーディションがハリウッドのスタジオでは頻繁に行われていました。その際に、確か日本人の無名ダンサーがさゆり役に抜擢されたとのニュースを聞いた覚えがあります。

結局、その話は立ち消えとなり、その後何年もこの作品はお蔵入りとなってしまいました。来年のいついつにはクランクインとのニュースを何度も耳にしましたからね。

アジア系女優としていまやハリウッドで引っ張りだこのチャン・ツィイー。そして、アカデミーにノミネートされ一躍注目を浴びた渡辺謙など、この数年でアジア系俳優の知名度が一機に上がったため、人気俳優を起用することで、スケール的にもバジェット的にもそしてアカデミー候補作として制作会社が大々的に売り込みました。

「メモワール・オブ・ゲイシャ」は「風と共に去りぬ」に匹敵する位の超大作だと触れ込んでいたようですが、確かに「風と共に-」のスカーレット・オハラ役はイギリス人のヴィヴィアン・リーが選ばれ、大変反感を買いましたからね。さゆり役を中国人のチャン・ツィイーが演じたことでそれに反対する声も多かったでしょう。

私もこの作品を見るまでは、またしてもアメリカ人が創造で日本映画を作っちゃったよとあまり期待もせずにいたのですが、
「日本文化を詳細に伝える映画」との概念を取り払ってみれば、大変素晴らしい映画だったと思います。

やっぱり、チャン・ツィイーがすごくかわいいんですね。
日本人役にしては大柄で、日本らしい着物だと似合わないかもしれないですが、そこはやっぱりハリウッド。中国と日本がミックスされたようなおしゃれなドレスになっていました。

チャン・ツィイー以外の主要な役も、これまた中国女優が演じていますが、拍手を送りたくなるほどすごい演技です。コン・リーもセクシーで妖艶。ミッシェル・ヨーもこんなにきれいだったかしら?って思うほど素敵な大人の女性を演じています。

チャン・ツィイーの英語はたどたどしくて、なかなか聞き取れない中国訛りが強い英語ですが、ミッシェル・ヨーが出てくると安心しますね。まあ、だからチャン・ツィイーの台詞は若干少なかったんでしょうけど。でも逆にあのたどたどしいしゃべり方が、さゆりの自信なさげな態度に合ってました。

渡辺謙さんは、残念ながら今回は英語がイマイチでした。台詞数もぐっと多かったので、あらが目立ってしまったのかも。工藤夕貴くらいじゃないと、安心して英語が聞けませんね。それと、意外や意外、役所さんがんばってましたね。謙さんよりも数段英語が上手かったです。

映画のストーリーは、こんなもんかって感じで、想像がつくゲイシャのお話です。でも、映像とか衣装がとにかくきれいなので、十分に楽しめる作品です。

SAYURI
チャン・ツィイー / / ポニーキャニオン
ISBN : B000F72NTE
スコア選択: ※※※
[PR]
# by lacutie | 2007-04-15 03:38 | 恋愛

Fever Pitch

ドリュー・バリモアのおなじみ痛快ラブコメ映画です。
見る前から、「多分好き」って思った映画。
見終わった後も「やっぱり好き」って思った映画です。

キャリア・ウーマン、リンジーはひょんなことで高校教師のベンと出会い恋に落ちます。
ベンは教師というさえない職業ではあるものの、人柄の良さはリンジーの家族や友人に大うけ。
そんな彼がいままで独身でいたには何か理由があるはず・・・・。
ベンは熱狂的なメジャーリーグファンだったのです。
その夢中度は異常なほど。
シーズンが始まると、2人のデートの殆どは野球観戦です。
野球中心のベンと仕事の両立に悩んでいたリンジーはついに別れを決意しますが・・・。


と、ここまで書いてしまうとなんとなく最後のオチはわかると思いますねΨ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

結末がどうであれ、同じくメジャーリーグファンの私としては、ストーリ以前に楽しめてしまいました。ベンが好きなのはボストンレッドソックスなので、対戦相手(ライバル)としてでてくるのはヤンキースなんですけどね。シーズンチケットが送られてくるあたりなど、関心しながらみちゃいました。ベンがボーイフレンドだったら、私は全然OKですけどぉ。
でも、これがサッカーファンの彼だったら、やっぱり駄目かもしれないな。


それにしても、邦題「2番目のキス」はもうやめて欲しい。


2番目のキス
ドリュー・バリモア / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000KQFC3Y
スコア選択: ※※※

珍しくデキルキャリアウーマン役のドリューも最高にかわいいです♪
[PR]
# by lacutie | 2007-02-19 02:10 | 恋愛

Along Came Polly

●あらすじ

神経質で何事も慎重な保険会社のアナリスト、ルーベン(ベン・スティラー)は、ハネムーン先で妻に浮気をされてしまう。傷心のまま1人NYへ戻り、失意の日々を過ごしているが、ある日、友人に無理やり連れて行かれたパーティーで幼馴染のポリー(ジェニファー・アニストン)に再会し、恋に落ちてしまうが・・・・。
-------------------------------------

いろいろなレビューで書かれている通り、超几帳面な男と自由奔放な女というまったく正反対の性格の2人が惹かれあっていくストーリーには無理がありますが、週末の午後、ぼーっと観るにはちょうどいいです。

ストーリーがどーのこーのという以前に、ジェニファー演じるポリーの自由奔放さがたまらなく素敵♪
サルサで踊る姿もかっこいいし、ボサボサとした感じのヘアースタイルも私のつぼに。。。
あああ、こんな感じで年をとるのが理想だとつくづく感じました(って言ってもポーリーがいくつぐらいの設定か不明だけど)。

私はどう考えもコンサバ風なスタイルは苦手だし、几帳面に生きていくのもできない。
無理してがんばってきたことろあるけれど、ポリーみたいに自由に何にもとらわれずに生きていくのもいいかなって思える映画だった。

ポリー my love
ジェニファー・アニストン / / ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B000BIX8GY
スコア選択: ※※

ストーリーはイマイチだけど、ジェニファー・アニストンのヒッピースタイルは憧れちゃう。
[PR]
# by lacutie | 2007-02-05 07:21 | 恋愛

硫黄島からの手紙

アメリカが制作した全編日本語、英語字幕の日本人の視点で描いた戦争映画。
ハリウッドでその名を一流にしたKen Watanabe主演、クリント・イーストウッド監督の作品です。

まず、戦争映画であるということから、見る前から「暗くなるだろうな」との予想はできていました。思ったとおり、映像もわざと色を落としている感じではじめからドヨーン雰囲気。

それに、アメリカ人が作る映画によくありがちな日本人役の日本語があり得ないくらい棒読みでした。やっぱり日本語が分からない人が映画作るとこうなっちゃうんだよね。

(注:俳優ではない私の知り合いも台詞ありの役でちゃっかり出演していました)

でも、主要な役をこなしたのが、日本でも一流の役者だったので、見るに耐え難いわけではありません。渡辺謙の演技力はハリウッドでもお隅付ですが、それ以上に嵐の二ノ宮君の演技はよかったですね。
私的に気に入ったのは伊原剛志さん。でも、英語を話すシーンがあって、それがちょっといただけなかった。だからアメリカではあまり評価されなかったのかもしれません。謙さんの英語の発音はかなり上手いですからね。

ゴールデングローブで外国映画賞を受賞し、ますますオスカー候補の期待が高まっています。作品の内容自体は、日本でおなじみ(8月の終戦記念ドラマでありがち)の内容ですが、なんといってもアメリカ人がこの映画を作ってしまったところがポイントでしょう。

アメリカ人の中で、太平洋戦争時の日本は悪そのものです。
でも、この映画の中で描かれた日本兵を通して、戦争下では皆同じ思いで戦っているということをはじめて知ったアメリカ人も多かったのではないでしょうか。
だから、アメリカではこの映画はかなりの評価を得ています。
実際、映画館も混んでいたし、エンドロールでは拍手もありました。

硫黄島という設定が地味だったので、ぜひ米国版「ひめゆりの塔」をやってほしいなと思いました。
[PR]
# by lacutie | 2007-01-20 07:48 | ドラマ

プラダを着た悪魔

いろいろなブログを読んでいたら、頻繁に目にした映画です。
おしゃれな女性の皆さんがこぞってこの映画を褒めるので、私も見たくなりました。

結局、DVDを買ってしまったわけなのですが、私の評価はB-かな。

この役でゴールデングローブ賞をとったメリル・ストリープの演技は最高ですが、アン・ハサウェイがイマイチだった。だって、ダサい格好をしても、おしゃれな格好をしてもかわいいんだもん。
途中、仕事にのめり込んで、だんだんと嫌な女になっていかなきゃいけないのに、演技力がないので嫌な女になっても憎めない。

だから、「私、なにやってるんだろう。これが私のやりたかったことじゃない」
と本来の夢と現実とのギャップに葛藤していくシーンとかも、あっけなく過ぎていく。

内容的にはかなり良かったんだけど、どうも共感できなかった。

もしかして、背が高いという理由だけでも、トム・クルーズの奥様、ケイティ・ホームズの方がよかったかも。なんたって、演技力あるから。


演技なんてどーでもいいので、おしゃれなファッションを楽しみたい方にはお勧めです。


プラダを着た悪魔 (出演 メリル・ストリープ)
/
ISBN : B000J6HYMC
スコア選択: ※※※
[PR]
# by lacutie | 2007-01-17 06:03 | ドラマ

The Holiday

c0068665_14265743.jpg


公開前からかなり気になってた映画です。
特に大作でもなく、トレーラー見ただけで内容9割くらい分かるのですが(^-^;A

ストーリーは、全く異なる町に住む二人の女性が、ホリデーシーズンを目前に失恋し、その傷を癒すためお互いの家を交換することになります。LAに住むキャメロンはロンドン郊外へ、イギリス人のケイトはLAへ。二人は新しい町で、新たなロマンスを見つけます。。。。

と、これ以上書くとネタバレですので止めておきますが、とにかくアメリカ映画らしい結末です。

とくにひねりもない映画ですが、失恋した時期に見るにはぴったりだと思います。

でも、もしかして、失恋した時なんて、「ジュード・ローみたいなイケメンに出会うわけないじゃん」と悲観的になってるかもしれませんが。

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロー、ジャック・ブラックの豪華キャストに加え、結構な有名人もゲスト出演してます。

2時間ちょっとと、ラブコメにしては長編の映画ですが、とってもキュートで心温まるホリデー映画です。女性、カップルに超おすすめ!
[PR]
# by lacutie | 2006-12-18 14:07 | 恋愛って素敵なんです。

イン・ハー・シューズ

最近、キャメロン熱が急激に上がっているので、前々から気になっていた「In Her Shoes」を見ることにした。

相変わらず、ちょっとぶっとんだ感じで頭があんまり良くない女の子(女性じゃなく女の子ね!)役をやらせたら、ぴか一のキャメロン。

ストーリーは、スタイルが良くてかわいいブロンドの女の子が30を目前に、いつまでも若くいられないという事実に直面し、躓きながらも自立し、自分の進むべき道を見つけ出すという、意外にお堅いストーリ。

かなりの美貌を持ちながら、実は難読症がありそんな自分にコンプレックスがあるブロンドガール役がキャメロン、一方、弁護士で頭は良いけれど、外見にコンプレックスがある姉役をトニー・コレットが演じます。

キャメロンとダブル主演?ってぐらい登場シーンの多いこのお姉さん役のトニー・コレットって誰?って思ったら、あの「シックス・センス」でハーレイ・ジョエル・オスメント君のお母さん役やった人だったんだね。

言われてみれば同じ人だぁ~~!

イン・ハー・シューズ
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000HOL7R4
スコア選択: ※※※※

隣の芝は青くみえるものです。
でもどんなにきれいな人も、
どんなに頭がいい人も、
どんなに完璧に見える人も
見えないところで意外なコンプレックスを
もっているのかも知れないね。。。。

姉妹の絆、愛が爽やかに描かれています。


[PR]
# by lacutie | 2006-12-12 07:35 | ドラマ

シンシティ

ブルース・ウィリス 、ミッキー・ローク 、クライヴ・オーウェン 、ジェシカ・アルバ 、ベニチオ・デル・トロ 、イライジャ・ウッド。。。などそうそうたる俳優が出演するサスペンス映画。
基はフランク・ミラー原作のコミックなので、映像にするとかなりエグイシーンが多いです。

映画は白黒映画で、部分的(口紅とか服とか)に強調したいところだけ赤色とかついてます。
最初は短編映画かと思ったんだけど、すべてのストーリがつながってて
こいう映画にありがちな、つじつまが合わないというのもなく、内容は上手くまとまっていました。

ストーリー自体はとても面白かったのですが、やっぱり残虐なシーンが気持ち悪いです。

タランティーノが監督として参加してるみたいなので、いかにもって感じのシーンが多いです。


シン・シティ スタンダード・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000EXZJ0Y
スコア選択: ※※※

ストーリーは面白いけど、残虐・暴力シーンにはうんざり。精神的に安定してるときに見ないと、ちょっと落ち込みます。
[PR]
# by lacutie | 2006-11-30 04:36 | サスペンス

PROMISE プロミス/-無極-

昔は中国映画大好きだったのに、最近はなかなか見なくなりました。
この映画は特に興味もなかったのですが、友達が借りてきていたのでついでに見ました。
真田広之、チャン・ドンゴンの二人は良く知っていますが、他の俳優さんは全く知りません。一応アジアを代表するスターが揃った映画ということなので、おそらく他の方々も中国では有名な俳優さんなのでしょう。

映画の内容を書くにも、あまり意味が良く分からなかったので書けません。
一体、何が言いたかったのか不明。

一つだけ言えることは、映像がとにかくきれいだったことです。

ハリウッド映画にも思いっきり対抗できる程雄大な美しい映像です。

PROMISE <無極> プレミアムBOX
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000FJA9DO
スコア選択: ※※

内容はおいといて、映像美をたんとご堪能ください。
[PR]
# by lacutie | 2006-11-26 08:00 | ドラマ

マリー・アントワネット

c0068665_833138.jpg
ベルばらにはまり、「私はマリー・アントワネットの生まれ変わりだ」など思い込んだ時期もあったくらい憧れていたマリー・アントワネットの映画を見てきた。

正直、マリーの生き様を知らない人が見たら意味が分からないかもしれない。

しかも、フランス革命時に最後はギロチンにかけられた悲劇の王妃であるという残酷な事実も一切描かれていない。

とにかく豪華で華やかなベルサイユの生活のみが描かれる。

映像もきれい。

そしてなんと言ってもマリー役のキルスティン・ダンストがものすごく良い。
15歳でフランスに嫁いだ、無知で無邪気なマリーをとてもかわいらしく演じている。

キルスティンははっきりいって美人ではない。
でも、私、彼女がすごく好き♪
とにかくかわいい。
美人じゃないのに、こんなにかわいい人も珍しいな。
八重歯もいい感じだし、グラマーじゃないところもいい。
スッピンでも化粧してもあんまりかわらないようなところもいい。

その辺のハイスクールに通ってそうな超フツーなブロンドの女の子なのに存在感はすごいあるんだよね。かなり貴重な女優だと思う。

年取ったらどんな女優になるのか。。。ちょっと楽しみだな。

王妃マリー・アントワネット―青春の光と影
藤本 ひとみ / 角川書店
ISBN : 4048737341
スコア選択: ※※※

マリー・アントワネットの人生に興味がある方はぜひ一読してから映画をみるといいかも。
[PR]
# by lacutie | 2006-11-08 17:10 | ドラマ