映画大好きの平凡なアラフォーWomanによる映画日記。


by lacutie

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンシティ

ブルース・ウィリス 、ミッキー・ローク 、クライヴ・オーウェン 、ジェシカ・アルバ 、ベニチオ・デル・トロ 、イライジャ・ウッド。。。などそうそうたる俳優が出演するサスペンス映画。
基はフランク・ミラー原作のコミックなので、映像にするとかなりエグイシーンが多いです。

映画は白黒映画で、部分的(口紅とか服とか)に強調したいところだけ赤色とかついてます。
最初は短編映画かと思ったんだけど、すべてのストーリがつながってて
こいう映画にありがちな、つじつまが合わないというのもなく、内容は上手くまとまっていました。

ストーリー自体はとても面白かったのですが、やっぱり残虐なシーンが気持ち悪いです。

タランティーノが監督として参加してるみたいなので、いかにもって感じのシーンが多いです。


シン・シティ スタンダード・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000EXZJ0Y
スコア選択: ※※※

ストーリーは面白いけど、残虐・暴力シーンにはうんざり。精神的に安定してるときに見ないと、ちょっと落ち込みます。
[PR]
by lacutie | 2006-11-30 04:36 | サスペンス

PROMISE プロミス/-無極-

昔は中国映画大好きだったのに、最近はなかなか見なくなりました。
この映画は特に興味もなかったのですが、友達が借りてきていたのでついでに見ました。
真田広之、チャン・ドンゴンの二人は良く知っていますが、他の俳優さんは全く知りません。一応アジアを代表するスターが揃った映画ということなので、おそらく他の方々も中国では有名な俳優さんなのでしょう。

映画の内容を書くにも、あまり意味が良く分からなかったので書けません。
一体、何が言いたかったのか不明。

一つだけ言えることは、映像がとにかくきれいだったことです。

ハリウッド映画にも思いっきり対抗できる程雄大な美しい映像です。

PROMISE <無極> プレミアムBOX
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000FJA9DO
スコア選択: ※※

内容はおいといて、映像美をたんとご堪能ください。
[PR]
by lacutie | 2006-11-26 08:00 | ドラマ

マリー・アントワネット

c0068665_833138.jpg
ベルばらにはまり、「私はマリー・アントワネットの生まれ変わりだ」など思い込んだ時期もあったくらい憧れていたマリー・アントワネットの映画を見てきた。

正直、マリーの生き様を知らない人が見たら意味が分からないかもしれない。

しかも、フランス革命時に最後はギロチンにかけられた悲劇の王妃であるという残酷な事実も一切描かれていない。

とにかく豪華で華やかなベルサイユの生活のみが描かれる。

映像もきれい。

そしてなんと言ってもマリー役のキルスティン・ダンストがものすごく良い。
15歳でフランスに嫁いだ、無知で無邪気なマリーをとてもかわいらしく演じている。

キルスティンははっきりいって美人ではない。
でも、私、彼女がすごく好き♪
とにかくかわいい。
美人じゃないのに、こんなにかわいい人も珍しいな。
八重歯もいい感じだし、グラマーじゃないところもいい。
スッピンでも化粧してもあんまりかわらないようなところもいい。

その辺のハイスクールに通ってそうな超フツーなブロンドの女の子なのに存在感はすごいあるんだよね。かなり貴重な女優だと思う。

年取ったらどんな女優になるのか。。。ちょっと楽しみだな。

王妃マリー・アントワネット―青春の光と影
藤本 ひとみ / 角川書店
ISBN : 4048737341
スコア選択: ※※※

マリー・アントワネットの人生に興味がある方はぜひ一読してから映画をみるといいかも。
[PR]
by lacutie | 2006-11-08 17:10 | ドラマ