映画大好きの平凡なアラフォーWomanによる映画日記。


by lacutie

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Crash

映画雑誌を読みあさっていた若い頃と比べて、最近はホント映画情報にうとい。
仕事が忙しすぎて、レンタルビデオ店にも思うように足を運べないし。
結局便がいいオンラインでDVDをレンタルしているわけだけど、
そのオンラインで一番人気のDVDってのを借りてみた。

どんな映画なのかもよくわからないまま借りてしまった映画『Crash』。
しまったぁ〜見た感じ暗そうだよ。
シリアス系の映画は今はNGだよねなどと思いながらもやることがない土曜日の午後、仕方なく映画を見始めてみる。

舞台はロサンゼルス。
サンドラ・ブロックとかでてくるけど、hey yo系の黒人も出てきたり、ストーリーはいろんな人が交互に出てきて赤川次郎小説みたいに、良いところで登場人物の話が切り替わってどんどん話に引き込まれて行く。

気がつけば映画終了。

アメリカの人種差別や銃社会を「かなり大げさ」にだけどうまい具合にまとめて、かといってそんな暗い気分にもならずなんとも言えない感動がひしひしとこみ上げてくる不思議な映画。

見終わってから1日経った今、もう一度見返したいなとも思えちゃう。

人生って悪いことも良いこともごちゃ混ぜになっている、陰陽の世界。
今、LAのどこかで起こっているような日常をリアルに描いた衝撃の作品です。

この映画を日本にいた時に見たら、LAって相当怖い街だなって思うかも。
でも、やっぱり映画なのでかなり大げさに人種問題や銃問題を扱っているのは事実です。

ちなみにこの映画、2006年度のアカデミー賞作品賞を受賞しているようです。
しまったぁぁぁ。
もう少し映画の勉強しなきゃなぁ。
ま、あくまでも「趣味」なだけですけど。

クラッシュ
/ 東宝
ISBN : B000EUMM98
スコア選択: ※※※※

人種差別、銃社会、犯罪など今のアメリカが抱える問題を見事に描いた衝撃の一作。重いテーマの割にはそこまで暗くならない。見て損はしない映画です。
[PR]
by lacutie | 2006-08-14 10:17 | 人生に迷った時

Mad About you

アメリカのシットコムと言えば、今では「フレンズ」が一番有名?
昔はマイケルJファックスの「ファミリータイズ」とか「フルハウス」が有名でしたよね。小さい頃からアメリカのシットコムを見て、アメリカ生活に憧れました!

アメリカに住むようになってから、シットコム見放題。
古い番組を何度も再放送してますからね。
こちらに来て見るようになったのは、ウィル・スミスの「The Fresh Prince of Bel- Air」とか「Seinfeld」とかです。

でも、一番のお気に入りは「Mad about you」ですね。
今では日本でも放映しているみたい(邦題:あなたにムチュー」?)ですが、アメリカで見始めたときはすっかりはまりました。
すごく理想のカップルです。

最近DVDで、初期のシリーズから見返していますが、何度見てもいい感じ。
NY生活が垣間みれるのも魅力ですね。

Mad About You: First Season (2pc)
/ Columbia Tri/Star - Preorder
ISBN : B00005JLIB
スコア選択: ※※※※※

大好きなコメディドラマ。こんな夫婦が理想です。
[PR]
by lacutie | 2006-08-13 03:55 | 恋愛って素敵なんです。

アンの結婚

「赤毛のアン」は私の大好きな映画(ドラマ)です。
ミーガン・フォローズがとにかくかわいくて。
気が強くて、頭が良くて、想像力豊か過ぎてちょっと変わった女の子「アン・シャーリー」を小説のイメージそのまま見事に演じています。

「赤毛のアン」の映画(ドラマ)はその後「アンの青春」という作品で、大人になったアンの生活を描いています。しかし、孤児だったアンがマシューとマリラに出会い成長していく過程を美しいプリンスエドワード島の景色とともに綴っていく1作目がやはりシリーズの最高傑作だと思います。

アンシリーズの完結編となるのが「アンの結婚」なのですが、これは見る前からかなり評判が悪く、正直見るか見ないか迷っていました。大好きなアンのイメージが壊れるのが嫌だったので。

でも、肯定的な意見もあったし、どんなひどい話でもミーガンがアン役をやってるのだから大丈夫と気になってついに見ることにしたのです。

結果だけいうと、

見なきゃ良かった~~~。

です。

ここまでひどいとは思いませんでした。
もう最初から最後まで「戦争」の話で、アンはずっと戦場の旦那を探しまくってます。
なんか、うざーい。
こんな奴周りにいたらウザすぎるってくらいひどいのです。
なんでわざわざこんな作品を作ったのだろう。
話の一部に戦時中のことや戦争の話がでてきてもいいとは思いますが、
最初から最後までなんですよ!!!!

最後にちょびーっとだけグリーンゲーブルス出てきますけど、無理やり入れたって感じだし。

赤毛のアンが大好きで、癒しの物語を求めるなら、
絶対に見ない方がいいと思います!!
正直見る必要性のない映画です。

仮にちょっとだけ見たいなと気になるとすれば
それはアンが好きというよりも、ミーガンが好きという人なら
受け入れられるかもしれません。
ただ一点の救いは役者が同じだということだと思います。

赤毛のアン アンの結婚
/ 松竹
ISBN : B00007K4US
スコア選択: ※

うーん。酷すぎる。酷すぎる。これはアンの映画じゃない!!!
[PR]
by lacutie | 2006-08-12 11:41 | ドラマ