映画大好きの平凡なアラフォーWomanによる映画日記。


by lacutie

カテゴリ:ドラマ( 10 )

Marley & Me

全米ベストセラー本の映画化です。

映画化された時に本を読んで、絶対見たいと思いました。

なんといっても、「犬」の映画ですから。

コラムニストである著者の半生を、
Marleyとの生活を通して綴った作品です。

彼の生活の中につねにMarleyがいた。
家族の一員だったMarley。

Marleyを家に迎えたときから、最後の時まで
面白おかしく、時に感動的に描いていきます。


映画はやはり本の内容を端折った感じではあるけど、
基本的に忠実に描かれていると思います。

私的には満足できる出来でしたが、
本を読んでいない人に、良さがうまくつたわったかな?

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



★★★

原作の方がもちろんいいけど、映画だけでもなかなかいけてます。
もちろんラストは号泣。
[PR]
by lacutie | 2009-11-23 12:53 | ドラマ

I am legend

■あらすじ

舞台は近未来。3年前に突如世界をおそったウィルスにより
人類は滅亡してしまった。
たった一人生き残った科学者、ロバート・ネビルは
夜になると、現れる「ダークシーカー」の陰に怯えながら
愛犬サムとともに廃墟となったNYで生存者を待ちつつ暮らしている。

---------------------------------------------


下から感想(ネタバレあり)

思っていたより怖かった。
こんな怖い映画だとは思わなかったよ。
Cast awayと似たような話なんだろうと思ってた。

まあ、過去に映画化された作品のリメイク版なので、
話自体はかなりチープ。でも、演出とウィリーの演技が良かった。
ウィリーがこんなに演技うまかったとは。
こんなシリアス系もできるとは。

私の中でのウィリーはやっぱりFresh Princeだから。。。

犬好きの私としてはみる前からちょっと嫌だったのですが、
映画の中に犬がでてくるのですよ。
なぜ嫌なのかというと、だいたいストーリー的に
犬が劇中で死ぬ確率が高いからです。

だって、動物の死ぬシーンって絶対泣けるからいれないわけないじゃん。

映画だとはいえ、悲しすぎて見たくないです。

ストーリー:2点 演技:10点 演出:8点 映像:8点

トータルにしたらなかなかいけてたと思います。

でもやっぱ、暗くなる映画は1週間くらい引きずってしまう。。。
[PR]
by lacutie | 2008-01-02 18:13 | ドラマ

硫黄島からの手紙

アメリカが制作した全編日本語、英語字幕の日本人の視点で描いた戦争映画。
ハリウッドでその名を一流にしたKen Watanabe主演、クリント・イーストウッド監督の作品です。

まず、戦争映画であるということから、見る前から「暗くなるだろうな」との予想はできていました。思ったとおり、映像もわざと色を落としている感じではじめからドヨーン雰囲気。

それに、アメリカ人が作る映画によくありがちな日本人役の日本語があり得ないくらい棒読みでした。やっぱり日本語が分からない人が映画作るとこうなっちゃうんだよね。

(注:俳優ではない私の知り合いも台詞ありの役でちゃっかり出演していました)

でも、主要な役をこなしたのが、日本でも一流の役者だったので、見るに耐え難いわけではありません。渡辺謙の演技力はハリウッドでもお隅付ですが、それ以上に嵐の二ノ宮君の演技はよかったですね。
私的に気に入ったのは伊原剛志さん。でも、英語を話すシーンがあって、それがちょっといただけなかった。だからアメリカではあまり評価されなかったのかもしれません。謙さんの英語の発音はかなり上手いですからね。

ゴールデングローブで外国映画賞を受賞し、ますますオスカー候補の期待が高まっています。作品の内容自体は、日本でおなじみ(8月の終戦記念ドラマでありがち)の内容ですが、なんといってもアメリカ人がこの映画を作ってしまったところがポイントでしょう。

アメリカ人の中で、太平洋戦争時の日本は悪そのものです。
でも、この映画の中で描かれた日本兵を通して、戦争下では皆同じ思いで戦っているということをはじめて知ったアメリカ人も多かったのではないでしょうか。
だから、アメリカではこの映画はかなりの評価を得ています。
実際、映画館も混んでいたし、エンドロールでは拍手もありました。

硫黄島という設定が地味だったので、ぜひ米国版「ひめゆりの塔」をやってほしいなと思いました。
[PR]
by lacutie | 2007-01-20 07:48 | ドラマ

プラダを着た悪魔

いろいろなブログを読んでいたら、頻繁に目にした映画です。
おしゃれな女性の皆さんがこぞってこの映画を褒めるので、私も見たくなりました。

結局、DVDを買ってしまったわけなのですが、私の評価はB-かな。

この役でゴールデングローブ賞をとったメリル・ストリープの演技は最高ですが、アン・ハサウェイがイマイチだった。だって、ダサい格好をしても、おしゃれな格好をしてもかわいいんだもん。
途中、仕事にのめり込んで、だんだんと嫌な女になっていかなきゃいけないのに、演技力がないので嫌な女になっても憎めない。

だから、「私、なにやってるんだろう。これが私のやりたかったことじゃない」
と本来の夢と現実とのギャップに葛藤していくシーンとかも、あっけなく過ぎていく。

内容的にはかなり良かったんだけど、どうも共感できなかった。

もしかして、背が高いという理由だけでも、トム・クルーズの奥様、ケイティ・ホームズの方がよかったかも。なんたって、演技力あるから。


演技なんてどーでもいいので、おしゃれなファッションを楽しみたい方にはお勧めです。


プラダを着た悪魔 (出演 メリル・ストリープ)
/
ISBN : B000J6HYMC
スコア選択: ※※※
[PR]
by lacutie | 2007-01-17 06:03 | ドラマ

イン・ハー・シューズ

最近、キャメロン熱が急激に上がっているので、前々から気になっていた「In Her Shoes」を見ることにした。

相変わらず、ちょっとぶっとんだ感じで頭があんまり良くない女の子(女性じゃなく女の子ね!)役をやらせたら、ぴか一のキャメロン。

ストーリーは、スタイルが良くてかわいいブロンドの女の子が30を目前に、いつまでも若くいられないという事実に直面し、躓きながらも自立し、自分の進むべき道を見つけ出すという、意外にお堅いストーリ。

かなりの美貌を持ちながら、実は難読症がありそんな自分にコンプレックスがあるブロンドガール役がキャメロン、一方、弁護士で頭は良いけれど、外見にコンプレックスがある姉役をトニー・コレットが演じます。

キャメロンとダブル主演?ってぐらい登場シーンの多いこのお姉さん役のトニー・コレットって誰?って思ったら、あの「シックス・センス」でハーレイ・ジョエル・オスメント君のお母さん役やった人だったんだね。

言われてみれば同じ人だぁ~~!

イン・ハー・シューズ
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000HOL7R4
スコア選択: ※※※※

隣の芝は青くみえるものです。
でもどんなにきれいな人も、
どんなに頭がいい人も、
どんなに完璧に見える人も
見えないところで意外なコンプレックスを
もっているのかも知れないね。。。。

姉妹の絆、愛が爽やかに描かれています。


[PR]
by lacutie | 2006-12-12 07:35 | ドラマ

PROMISE プロミス/-無極-

昔は中国映画大好きだったのに、最近はなかなか見なくなりました。
この映画は特に興味もなかったのですが、友達が借りてきていたのでついでに見ました。
真田広之、チャン・ドンゴンの二人は良く知っていますが、他の俳優さんは全く知りません。一応アジアを代表するスターが揃った映画ということなので、おそらく他の方々も中国では有名な俳優さんなのでしょう。

映画の内容を書くにも、あまり意味が良く分からなかったので書けません。
一体、何が言いたかったのか不明。

一つだけ言えることは、映像がとにかくきれいだったことです。

ハリウッド映画にも思いっきり対抗できる程雄大な美しい映像です。

PROMISE <無極> プレミアムBOX
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000FJA9DO
スコア選択: ※※

内容はおいといて、映像美をたんとご堪能ください。
[PR]
by lacutie | 2006-11-26 08:00 | ドラマ

マリー・アントワネット

c0068665_833138.jpg
ベルばらにはまり、「私はマリー・アントワネットの生まれ変わりだ」など思い込んだ時期もあったくらい憧れていたマリー・アントワネットの映画を見てきた。

正直、マリーの生き様を知らない人が見たら意味が分からないかもしれない。

しかも、フランス革命時に最後はギロチンにかけられた悲劇の王妃であるという残酷な事実も一切描かれていない。

とにかく豪華で華やかなベルサイユの生活のみが描かれる。

映像もきれい。

そしてなんと言ってもマリー役のキルスティン・ダンストがものすごく良い。
15歳でフランスに嫁いだ、無知で無邪気なマリーをとてもかわいらしく演じている。

キルスティンははっきりいって美人ではない。
でも、私、彼女がすごく好き♪
とにかくかわいい。
美人じゃないのに、こんなにかわいい人も珍しいな。
八重歯もいい感じだし、グラマーじゃないところもいい。
スッピンでも化粧してもあんまりかわらないようなところもいい。

その辺のハイスクールに通ってそうな超フツーなブロンドの女の子なのに存在感はすごいあるんだよね。かなり貴重な女優だと思う。

年取ったらどんな女優になるのか。。。ちょっと楽しみだな。

王妃マリー・アントワネット―青春の光と影
藤本 ひとみ / 角川書店
ISBN : 4048737341
スコア選択: ※※※

マリー・アントワネットの人生に興味がある方はぜひ一読してから映画をみるといいかも。
[PR]
by lacutie | 2006-11-08 17:10 | ドラマ

アンの結婚

「赤毛のアン」は私の大好きな映画(ドラマ)です。
ミーガン・フォローズがとにかくかわいくて。
気が強くて、頭が良くて、想像力豊か過ぎてちょっと変わった女の子「アン・シャーリー」を小説のイメージそのまま見事に演じています。

「赤毛のアン」の映画(ドラマ)はその後「アンの青春」という作品で、大人になったアンの生活を描いています。しかし、孤児だったアンがマシューとマリラに出会い成長していく過程を美しいプリンスエドワード島の景色とともに綴っていく1作目がやはりシリーズの最高傑作だと思います。

アンシリーズの完結編となるのが「アンの結婚」なのですが、これは見る前からかなり評判が悪く、正直見るか見ないか迷っていました。大好きなアンのイメージが壊れるのが嫌だったので。

でも、肯定的な意見もあったし、どんなひどい話でもミーガンがアン役をやってるのだから大丈夫と気になってついに見ることにしたのです。

結果だけいうと、

見なきゃ良かった~~~。

です。

ここまでひどいとは思いませんでした。
もう最初から最後まで「戦争」の話で、アンはずっと戦場の旦那を探しまくってます。
なんか、うざーい。
こんな奴周りにいたらウザすぎるってくらいひどいのです。
なんでわざわざこんな作品を作ったのだろう。
話の一部に戦時中のことや戦争の話がでてきてもいいとは思いますが、
最初から最後までなんですよ!!!!

最後にちょびーっとだけグリーンゲーブルス出てきますけど、無理やり入れたって感じだし。

赤毛のアンが大好きで、癒しの物語を求めるなら、
絶対に見ない方がいいと思います!!
正直見る必要性のない映画です。

仮にちょっとだけ見たいなと気になるとすれば
それはアンが好きというよりも、ミーガンが好きという人なら
受け入れられるかもしれません。
ただ一点の救いは役者が同じだということだと思います。

赤毛のアン アンの結婚
/ 松竹
ISBN : B00007K4US
スコア選択: ※

うーん。酷すぎる。酷すぎる。これはアンの映画じゃない!!!
[PR]
by lacutie | 2006-08-12 11:41 | ドラマ
ジョニー・デップの映画はつまらないけど、奥が深い。
そんな印象がありました。
だから前作のパイレーツオブカリビアンもまったく期待していなかったのに、
これが予想外に面白い映画でした。

ジョニーもこんなブロックバスター的な映画にでるんだなと関心してましたが、
気がつけば2、3作目にもでるようですね。

確かにジャック・スパロウ役は適役です。
おとぼけなんだけど憎めない、かついけめんのジョニーだからこそこなせる役だと思います。

それにしても、パート2にはがっかりです。

ジョニーは、ジャック・スパロウはかっこいいです。
最後まで逃げることなく敵に向かって行きますから。
でも、話がチープなんです。
前評判からストーリーがチープとは聞いてましたが、ここまでひどいとは。。。。

すみません、下からネタばれですが、

なんで「タコ」なんですか?

巨大タコじゃ、もう現実とあまりにかけ離れすぎてます。
巨大タコと分かった時点で、冷めてしまったのです。

B級映画として良いせんいってると思ったの。。。
巨大タコじゃ、B級でもあり得ません。

タコじゃなかったら、演技、特撮ともたいしたもんですが、
巨大タコがすべてをぶちこわしました。

残念〜〜〜〜。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち【字幕版】
/ ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
ISBN : B0000VB5GC
スコア選択: ※※※※※

面白い、過去の海賊もの映画を覆す斬新なアイデア。10点満点の出来です。
[PR]
by lacutie | 2006-07-25 15:06 | ドラマ

ダヴィンチ・コード

今、一番話題の映画です。
早速見にいってきました。
カンヌでは評論家たちから失笑をかったらしいですが、
ヨーロッパでは認められるはずがない内容かなとは思ってました。
トム・ハンクス主演で、私の大好きなロン・ハワード監督の映画ですから
それほどはずれはないだろうなと期待していたのですが。。。。

悪くはなかったです。
でも、良くもなかった。

ダヴィンチ・コードって言うからには、もっとダヴィンチの絵画が
フューチャーされても良かったのに。。。。
なんだか、映画で描かれている絵画の存在がすごく薄かった気がします。

たけしが好きそうな歴史ミステリー系のドキュメンタリー番組の方が良くできてる。

ちょっと残念な出来でした。

▼ロン・ハワード監督の作品

シンデレラマン
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ISBN : B000BNCZWC
スコア選択: ※※※

感動したい方必見!気分爽快ボクシング映画。
[PR]
by lacutie | 2006-05-30 04:57 | ドラマ